あなたはどのタイプ?女性の身体タイプ

より良いトレーニングを効果的に行うためには体のことをよく理解する必要があります。

 

基礎知識としていくつかの知識を得ておくこともダイエットを成功させる秘訣です。

 

ここで、人が生まれてくる元となる胚にまで考えを遡ります。

 

精子と卵子の受精でできたものである胚。

 

この胚が発達し始めて2週間目の末期には初期の三つの層というものがすでに現れ始めます。

 

外胚葉と呼ばれる外側の層、中胚葉と呼ばれる中間の層、そして内胚葉と呼ばれる内側の層に分かれます。

 

これらの層は各々が、体の多くの組織の始まりとなるのです。

 

外胚葉・・・皮膚表皮や感覚器官、中枢神経系や末梢神経を形成

中胚葉・・・主として骨、筋肉、泌尿生殖器官、心臓血管系、血液を形成

内胚葉・・・腸粘膜や付属器官の腺を形成

 

生育の過程でこれらの三層のどの部分が優位的に発達するかで、特徴的な体形を持つ個人が

生まれてくるのです。

 

外胚葉タイプ

外胚葉タイプの人は長型で肩幅が狭く、骨は細く突き出ています。

脂肪がほとんどないので未発達な筋肉線維が表面に現れていて

虚弱、または繊細な印象があります。

 

一般的に甲状腺が大変活動的で代謝を活発に促すため、太ろうとするのであれば、

人よりも多くの食事摂取を必要とします。

 

筋肉をつけようとしている外胚葉型の人の多くが、数々のトレーニングを続けてこなすことができます。これは、素早く再生し直ちに回復するという外胚葉型組織の特徴を表しています。

 

そのため、筋肉をつけるにはたくさん食べて、バランスのとれたもの、たんぱく質が豊富に含まれているものを摂取する必要があります。

つまり、カロリーを消費する以上に摂取しなければならないのです。

しかし、外胚葉型は筋力の活力にかけることがまれにあり、

脊柱や腹筋を起立させる筋肉の力が弱く、

それに原因する脊椎の病気を患っている場合も多いのです。

 

外胚葉型には猫背の人も多く、

この腹筋の弱さはさらに内臓を支えられないほどの腹部下垂をもたらすこともあるのです。

つまりこの型の人は、筋肉をより鍛えて姿勢の欠点を正すことに気をつけるべきです。

 

中胚葉タイプ

中胚葉タイプの人筋肉質の頑丈な骨格と分厚い関節を持っています。

大きな鎖骨に筋肉の盛り上がった広い肩幅、胸囲の中では胸郭が目立ちます。

このことで丸い腹で膨らんだ体型の内胚葉型とは対照的です。

 

また、大きな特徴の一つとして、四肢末端部の筋肉の発達が著しいことが挙げられます。

つまり、強いふくらはぎと前腕を持っているということで、人によっては前腕が上腕の太さと等しいほどです。

 

筋肉量の増加は、主として性腺から分泌されるホルモンであるテストステロンに作用されるため、中胚葉型の多くが男性に見られのです。

しかし、テストステロンは微量ではありますが副腎という腎臓に被さった小さな腺からも分泌されます。そのため、これらの腺の活発な活動により女性でも中胚葉タイプ、あるいは筋肉質な人がいますが、男性の中胚葉型の人ほど発達はしていません。

 

また、中胚葉タイプが男性により多く見られるのは、数百万年に渡る進化の過程でなされた自然の選択でもあります。活力があり狩猟ができ、外敵から雌と子供を守ることができる雄、さらに言えば同類から尊敬され雌を手に入れられる雄。こうしたことに適用するために雄の身体はエネルギーを発揮する作用に長けていなければなりませんでした。

発達した血管や心臓、強い骨格と筋肉もそのためです。

 

現代の男性の生活は大きく変わったが、数百万年に渡る進化の跡がすぐに消えるものでもありません。生き延び繁殖するため、激しい活動に対応するために生まれた型が中胚葉型なのです。

 

中胚葉タイプの人は運動能力に長けており、大抵のスポーツをこなすことができます。

しかし、大きな筋肉がわざわいして、長距離走のような持久力を要する活動は相対的に苦手なのです。

過食によって体重の問題がたまに生じますが、節度あるトレーニングをすれば強靭でスポーツマンらしい体を保てるのがこのタイプの特徴です。

 

内胚葉タイプ

病的な肥満の場合は別として、内胚葉タイプの人の体は全てが丸みを帯びています。

骨格は外胚葉タイプほど細くはなく、また筋肉も中胚葉タイプほど厚みはありません。

脂肪層の発達で筋肉の起伏が見えなくなっていて、骨ばったところはどこにもなく、そのために柔らかな印象があります。

 

四肢はハム状で、ふくらはぎや前腕に比べて大腿と上腕が発達しているので先端が尖ったような体型をしています。消化器官が顕著に発達しているために、あたかも、体の全ての構造が消化吸収を目的としているかのようで、ときには風船のように丸い体をした人もいる。

 

内胚葉型は女性に多く見られ、消化器官の発達と同様に脂肪もより豊かです。女性に脂肪分が多いことには、卵巣で作られる女性ホルモンの影響があります。女性は自らの蓄えで子供を宿し養う機能を持っていて、いつ妊娠してもいいようにエネルギーを脂肪の形で蓄えておくためです。

 

しかし、内胚葉タイプは甲状腺が不活発で、代謝が緩慢なため、たくさん食べる必要がない。

このことは食糧不足のときには大変有利に働きますが、脂肪分を減らし美しさの基準に合わせようとするときには厳しいダイエットを余儀なくされ、厳しすぎると最後は健康と両立しないような栄養不足におちいることになります。

 

また、内胚葉タイプの人は膝で苦しむことが多いです。発育が終わる前、まだ骨が軟らかい時期に太ってしまう時期に太ってしまうと、その重さで脚の骨格が変形してしまい、いわゆる「X脚」となって問題を引き起こすためです。

 

例えば、大きなバストで覆われた胸全体を脊柱が支えていかなければならないために、彎曲している部分に負担がかかり過ぎ、その結果として脊柱が一本の柱のようになってしまうという場合などがあります。

 

内胚葉タイプの人が脂肪の過剰な蓄積を防ぐためには、厳密な食事制限に加えて規則正しいトレーニングを行う必要があります。トレーニング過多にならないよう注意し、あまりに厳しいダイエットで栄養不足にならないようにもしなければならないのです。

 

参考:

EXERCICES POUR UNE BELLE LIGNE

Frederic DELAVIER