加圧トレーニングで効率よくシェイプアップ

シェイプアップに欠かせないのは「筋肉増強」と「脂肪燃焼」

加圧トレーニング+有酸素運動でこの2つが同時にできるのです!

肥満は美容 の面だけでなく、健康面の弊害があるためできる限り避けたいものです。

太りすぎてしまうのは、摂取エネルギーに比べて消費エネルギーが少ないことが原因。

食べ過ぎを避けることはもちろん重要ですが、脂肪を燃焼させるために筋肉をつけることも大切です。

食事制限だけのダイエットを続けていると、筋肉が落ちてしまうため、かえって痩せにくい体質をつくってしまいます。


加圧トレーニングの際に大量に分泌される成長ホルモンには、脂肪分解を促す効果があります。

成長ホルモンは加圧トレーニングを行ったあと15分前後で分泌量がピークに達し、およそ2時間後に脂肪の分解は最大となります。

この時、ウォーキングなどの有酸素運動を行うと 、効率的に脂肪を燃焼させることができます。

また、加圧前に腹筋運動をして筋線維にダメージを与えておくと、

成長ホルモンがその部分に集中して働くため、おなかの引き締め効果が上がります。

〈脂肪を燃焼させる成長ホルモンの働きを有効利用するには…〉


加圧せずに腹筋や背筋などシェイプアップしたい部分の運動

加圧トレーニング

約15分後に「成長ホルモン」の分泌量がピークに達する

2時間後に脂肪分解が最大になるので

この時加圧せずにウォーキングなどの有酸素運動をする

効 率的に脂肪燃焼+事前の運動でダメージを受けた腹筋や背筋に「成長ホルモン」が集中して働く

ねらったところのシェイプアップが可能!