女性には三回太りやすい時期がある

脂肪が女性らしい曲線をつくる

男性では脂肪の割合が25%以上、女性では30%以上の人のことを肥満といいます。女性の方が5%も多いのには理由があります。

男女の身体を比較してみると、女性の方が丸みのある柔らかな曲線であることは誰でもわかります。この、女性らしいプロポーションを作っているのが脂肪です。

その為、普通でも男性よりも体脂肪の割合が多くなっています。脂肪を邪魔者扱いして過剰なダイエットに走ると、女性特有の美しさまで失われてしまうのです。

また、乳房は脂肪で作られています。ダイエットをやり過ぎれば、当然胸も小さくなります。減量もほどほどに行うべきなのです。

しかし、女性の痩身願望は依然根強いものがあります。

体重もBMIも標準値なのに、それでも痩せたいと願っている人がとても多いのです。

そういった方々が理想と考えているプロポーションは、スーパーモデルやミスコンテストの合格者のような8頭身の体型。このような女性たちのBMIを測定してみると、かなり痩せの範囲に分類されることがわかります。

この値の人達は、標準値に比べれば、病気にもかかりやすく平均寿命も短いのです。わざわざ不健康な体重値を目標とするのは、全くもってナンセンスです。

 

出産後

さて、痩せたいと願う女性の心理とは逆に、女性には一生のうちで三回、太りやすい時期があります。

一回目が、中学生から二十歳ごろまでの思春期の頃。このころから男女の体脂肪の割合に変化が見られるようになり、女性は脂肪を摂り入れて、女性らしい体型になるのです。変化はやがて成人になる頃には収まるので、普通は心配することはありません。ところがこの時期はちょうど受験などと重なります。年齢に応じた摂食量や運動量があれば、何の問題もないのですが、勉強に追われて、食べ過ぎや運動不足になると、必要以上に太ってしまうことにもなるのです。

二回目が、妊娠・出産の時期。妊娠中にはインスリンの分泌量が増えて、ホルモンの活動も盛んになり食欲が増進します。これは胎児の発育にはなくてはならない現象です。母体の代謝活動は活発なので、食べた分だけすぐ太るということもありません。しかし、それでも食欲に任せて自分の好きな甘いものや脂肪の多いものを過剰に摂れば、太ることは免れません。出産後、こうした食生活が身についてしまい、もとの体重に戻れない女性が約三割もいるといわれています。

そして三回目が、更年期です。

卵巣ホルモンのなかには、食欲を抑制するエストロゲンという物質が存在しています。閉経に伴いこのホルモンが失われるため、食欲のコントロールが難しくなるといわれていますが、実際は中年以後、基礎代謝を中心とした消費エネルギーが減るのに食べる量が減らないのが主な原因です。どの時期でも、摂食量と運動量をコントロールすることで肥満は防げます。

男性の場合にも、三十代、四十代になると中年太りといってお腹が目立つ人が多くなります。こちらは食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、そして加齢に伴う基礎代謝量の低下などが原因です。女性のように体の機能の変化のせいにするわけにはいかないので、自己管理をしっかり行って、お腹を引っ込めるように努力すことが大切です。