サラダではなく野菜に拘る

パックサラダやランチのセットサラダ、ポテトサラダなどに栄養はほとんど入っていません。

健康に気を使って食べているはずが、酸化した油とカロリーだけを摂ってしまうことになり、美を阻む結果になります。

サラダだから健康にいいという広告的な考え方は捨てて、どんな野菜を食べるかが大事です。そのサラダに必ず加えるべきなのが、ツナやチキンなどのタンパク質です。

また、市販のサラダドレッシングにも、質のよくない精製油が入っていることもあるので、できれば避けたほうがいいものの一つです。

エクストラバージンオイル・オイルに塩やレモン汁を搾ったり、バルサミコ酢やワインビネガーを混ぜたりして、手作りドレッシングを作ることをオススメします。

サラダという思考から野菜という思考に転換をする上で、

野菜の持つ「抗酸化作用」を引き出すことがとても重要です。ポリフェノールやリコピンなどが有名ですね。

これは今や常識となりつつありますが、色の濃い野菜というのを摂取するように心がけましょう。

トマト、ピーマン、ほうれん草、かぼちゃ、ブロッコリー、タマネギなど。

それぞれの持つ抗酸化作用を集めるように、

皿を彩る色合いを多く持たせるようにしましょう。