痩せるための30か条

太りにくい食事のための10か条

食事は体で食べずに頭で食べたいものです。食事の構成や食べ方を変えれば、割合簡単に摂取エネルギーを減らすことができます。

 

1炭水化物、食べて満たそう脳の栄養、満腹感

2食事はゆっくり、三食きっちり

3かんで増やそう熱産生

4「速食い」「ドカ食い」「ながら食い」、それが三種の肥満の神器

5脂は控えめ、和食のおかず

6ドレッシング、控えて食べよう、多野菜

7フルーツ、ケーキは食前に

8買い物に行ってはいけない、空きっ腹

9食事はいろどりバランスよく

10お酒は自腹を切って飲む


 

太りにくい体質をつくるための10か条

太りにくい体質をつくるためには、基礎代謝を高めるために筋肉と自律神経を鍛える必要があります。

 

1激やせで、無くなる筋肉、基礎代謝

2階段は、筋力アップのパートナー

3買い物は歩いて、カートは使わずに

4もう一歩、もう一段で運動ダイエット

5目指せ一日10000歩、それがダメなら30分の速歩き

6歩幅大きくグイグイ歩こう

7「あと1000歩」一駅手前でがんばろう

8歩数計、動いて楽しいトレーナー

9長電話、合間にできるスクワット

10無駄に動いて、無駄肉なくそう


 

エネルギー消費のための10か条

一日わずか40キロカロリーの消費で、一年で2キロの脂肪が減ります。

継続は力なりです。

 

1お腹のたるみは心のたるみ

2ごろ寝、昼寝は肥満の大敵

3ストレスは過食の原因、ガンのもと。運動で心も体もリフレッシュ

4快便、快眠、よく笑え

5整えよう、早寝、早起き、生活リズム

6自分で律する薄着のからだ、慣れれば冬も暖かい

7動きは大きく、全身で。流れる汗で脂肪は分解

8一に運動、二に運動、三、四に運動、五に運動。こまめに体を動かすこと

9一緒に運動、楽しい仲間

10週末は運動不足になりにけり。ジムへ行ってワークアウト

 

参考:人は必ず太るしかし必ず痩せられる 森谷敏夫