2

加圧トレーニングとは?

/加圧トレーニング®  加圧ビューティー®とは?

加圧トレーニングは「アスリートの人が行なうトレーニング」や「身体に負担はないの?」

などの心配をされる方がいらっしゃいますが、加圧トレーニングはフィットネスや医療の先進国である米国においては、FDAによって「医療機器認定」を受け、国防総省でもトレーニング&ヘルスケアとして認可され、米軍への導入の動きが進められています。

高強度なトレーニングの4倍の成長ホルモンを出すといわれている加圧トレーニングは、発明者佐藤義昭が49年以上にわたり研究を重ねて生み出されたメソッドです。近年世界中に広がりを見せており、アメリカ、中国をはじめ、モナコの富裕層までにも人気が広がっており、発祥国の日本においても多くの芸能人やアスリートが取り組んでいる様子がテレビや雑誌等で取り上げられています。

現在ではロシアやアメリカの宇宙開発の分野において飛行士の無重力空間での筋力維持などでも注目されている、最新のトレーニング方法です。

短時間で効率良く、また軽量の負荷でも高負荷をかけたハードなトレーニングを行ったときと以上の運動効果を発揮し、血行促進と成長ホルモンにより、高い美容効果があると言われています。

一般の方はもちろん、女優、モデル、ダンサーやアスリートに至るまで多くの方から支持を集めています。

woman-438434__180

/加圧トレーニングってどんなことするの?

加圧トレーニングは腕・脚の付け根に専用のベルトを装着し、適度に血流をコントロールした状態でエクササイズを行います。これにより脳がハードトレーニングを行っていると認識し、脳の指令によって通常の約290倍の成長ホルモンが分泌されたというデータがあります。

この多量に分泌される成長ホルモンは老化防止をはじめ、脂肪の燃焼や基礎代謝アップ、美肌の維持に効果が期待できます。

近年はリハビリの現場等でも取り入れられている加圧トレーニンング、これからの疾病の予防時代の到来に先駆けて、いち早くカラダをメンテナンスされてみてはいかがですか?

加圧国際大学公認インストラクターが皆様の健康的なカラダ作りをしっかりとサポート致します。安心してお任せください!

 1

/加圧トレーニング5大効果

太りにくいカラダを作る 

トレーニングを行うことで基礎代謝量をアップし脂肪を燃焼しやすい体に変えます。また、代謝が上がると、太りにくいカラダになります。

 /血行を促進する

加圧・除圧の繰り返しは血流を促し血管の弾力性を高めます。冷え性やコリの改善にも効果があると言われています。

/回復力アップ 

生き物が本来持つ自然治癒能力は成長ホルモンの量によって高まると言われており、加圧トレーニングによって怪我からの早期回復が実現したという研究データが挙げられています。

/筋力アップ 

重い道具を必要としないので、怪我をしにくいのが特長です。軽い負荷でも加圧によって効果的なトレーニングができるので、老若男女だれでも継続できます。

/アンチエイジング 

加圧トレーニングでは、通常の290倍の成長ホルモンの分泌が促されます。成長ホルモンは細胞の再生を加速させます。加圧トレーニングを続けていくことによって、肌の若さを保ち、薄毛や老化の予防にも効果があると言われています。

▶︎まずは体験する


短時間で筋肥大、筋力アップが可能。だから、けがのリハビリにも有効

加圧トレーニングでは負荷の大きいトレーニングをしても、

疲労感があまり残りません。

限界まで体を追い込むようなトレーニングをしても、筋肉や関節の痛みが非常に少なく、疲労感も少ないのです。

ジムなどのマシンで行う負荷の大きいトレーニングは週1回が通常ですが、加圧トレーニングは週2回、週3回と増やしても、体の回復は早いのです。

これは怪我や病気によって衰えた筋力のリハビリにとても有効であるということが言えます。

リハビリ目的の場合は時間さえゆるせば、毎日加圧トレーニングを行えるのです。この毎日の加圧リハビリによって多くの成功例が報告されているのです。


 

加圧トレーニングによって成長ホルモンが急上昇

成長ホルモンの役割は、体の各器官の成長と新陳代謝を促進させることです。

細胞分裂などによって筋肉増強や若返り、怪我からの自己治癒などに

大きな効果を発揮します。

運動やトレーニングなどの筋肉疲労で出た乳酸は

成長ホルモンの分泌を促すと言われています。

乳酸ができると筋肉の中にある受容体が刺激され、

脳の下垂体前葉から成長ホルモンが分泌されます。

加圧している時は血流が制限されているため、筋肉内にできた乳酸も疲労箇所から出て行きにくくなり、より蓄積されます。

加圧によって乳酸の量はどんどん増え、受容体が強く刺激されて、大量の成長ホルモンが分泌されるのです。

これを科学的に実証したのが、東京大学大学院総合文化研究科の石井直方教授。

石井教授らの研究では、

大腿部のつけ根を加圧した状態で膝の運動を行いました。

その結果、安静時の290倍の成長ホルモンが分泌されたという研究データが出ています。


 

多くの筋繊維が使われるから小さい負荷でも楽に筋力アップ

筋肉には、速筋と遅筋という2種類の筋肉があります。

速筋は瞬発系の運動を、遅筋は持久系の運動を行う際に

活動すると言われており、鍛えることで太くなるのは主に速筋だということがわかっています。

速筋の特徴として

跳ねる、蹴る、持ち上げるなどの瞬発力。

大きい負荷に対応する。

すぐに疲労し長時間活動できない。

体内の糖をエネルギーとする。

などが挙げられます。

遅筋の特徴としては

長時間のマラソンなど持久力。

歩行、寝返り、などの日常的動作に対応。

鍛えるには長時間のトレーニングを行う必要がある。

体内の酸素をエネルギーとする。有酸素運動。

などが挙げられます。

筋力アップするためには速筋を鍛える必要があるのですが、

速筋は重たいものを持つなどの大きい負荷をかけなければ、活動を始めません。

加圧トレーニングは、

筋肉に負荷のかかり方を錯覚させ遅筋と速筋の両方に活動を起こさせることができるのです。

加圧をかけてトレーニングを始めるとすぐに遅筋が活動を始めます。

しかし、加圧しているために血流量が充分ではなく、

遅筋が活動するために必要な酸素が足りなくなります。

これは、重たく大きい負荷の運動を行っているのと同じ状態を、人工的に作り出しています。

そのため、通常のちょっとした運動ではなかなか活動を始めない速筋が、

大きな負荷を受けたと錯覚し活動を始めます。

このように、小さい負荷の運動でも同時に多くの筋繊維が活動するため、

大幅な筋力アップが可能となります。


通常のトレーニングよりも短時間で大きな効果が得られる

腕や脚を加圧して、適切に血流を制限した状態でトレーニングをすると、

動かしている筋肉に供給される酸素が少なくなります。

そのため、通常よりも早く速筋が活動を始め、短時間で筋力が増強します。

また、加圧トレーニングでは活動している筋肉全体が、早い段階で疲労してきます。加圧してトレーニングをしている腕や脚の筋肉の中に血液が徐々にたまり、

同時に疲労物質である乳酸もたくさんたまってきます。

乳酸は、筋肉の中の受容体を刺激して成長ホルモンを大量に分泌させます。

成長ホルモンには筋肉を成長させ筋肉量を増やしていく働きがあり、これが筋力の強化につながるのです。

乳酸は加圧トレーニングを終えた直後に、また、成長ホルモンはトレーニングを終えてから15分後に分泌量がピークになります。

早い段階で筋肉疲労が現れ。それに伴って成長ホルモンが早期に分泌されることが、短時間で大きな効果が得られる理由です。


腕や脚への加圧によって腹筋や背筋、ヒップなども効率的にアップ

加圧トレーニング創始者の佐藤氏は様々な試行錯誤を経て、

腕のつけ根と脚のつけ根の2カ所に加圧のポイントを見つけました。

なぜこの部分が最適かというと、もっとも太い動脈と静脈の両方を締められ、

効率的に血流制限ができるからです。

そしてこの腕と脚のつけ根に圧をかけることで、腕と脚だけでなく、加圧することのできない腹筋や背筋のトレーニング効果も上がるのです。

これは、血流を制限することで大量に分泌される成長ホルモンや、筋繊維を肥大させる因子が体全体をめぐり、効果を及ぼすためと考えられます。

また、腹筋や背筋に直接加圧しなくても筋力が増加するのは、筋力アップの効果が転移するためと考えられます。

腕の加圧で上腕の肘屈筋を鍛えたところ、トレーニングしていない肘屈筋の筋力がアップしたという報告もあるそうです。

鍛えていない部位が、知らないうちに筋力アップしているのです。

つまり、通常のトレーニングよりずっと楽に、筋力アップが可能なのです。


血管年齢が若くなる

血管は、年齢を重ねるごとに弾力が失われていきます。

血管が硬くなると血液がスムーズに循環しにくくなるため、高血圧となります。

この状態が進行すると動脈硬化が起こり、脳梗塞や心筋梗塞などの病気を招くことにもつながります。

加圧トレーニングは、血管の弾力を保つうえでも大きな効果があります。

加圧をすると一時的に血流が滞るため、全身の血管はより多くの血液を取り込もうとします。

ここで加圧ベルトをはずすと、血管に大量の血が一気に流れ込みます。

この時血管内に溜まっていた老廃物も一気に流れていきます。

こうして、人工的に血管の拡張収縮を繰り返すことで血管内皮細胞から一酸化窒素という物質が生まれ、これも血管壁の弾力を取り戻す一助となります。

腕や脚の血管

多くの血液をため込めるように拡張する

加圧すると、腕や脚に血液が溜まってくるため、腕や脚の血管はより多くの血液をため込めるように拡張する。この後加圧ベルトを外して一気に血液を流し、人工的に血管を拡張収縮させる。

腕や脚以外の血管

多くの血液を送り出すために伸縮力が高まる

一時的に血液量が減るので、各細胞に充分な血液を届けるには、通常より強い力で血液を送り出さなければならない。そのため、血管は活発に伸縮して、より多くの血液を送り出す。

すなわち

血管の弾力が増す

新しい血管が生まれる

腕や脚では、溜まった血液が行き場を求めて、それまで血液が流れていなかった血管にも流れ、新しい血管も生まれる。

腕や脚以外では、少ない血液を効率よく細胞に運ぶために、新しい血管が生まれる。

⬇︎

全身の血管が若返る!


血行が良くなる

人間の体を循環している血液は、ポンプの役目をしている心臓から送り出されます。血液は大動脈に入って全身に送られます。そして全身を巡った血液は、静脈に乗って心臓へと戻っていきます。

これが血液循環の基本です。

最も太い動脈と静脈の両方を締められるのは、腕と脚のつけ根の部分。

ここを加圧することで、効率よく血流を制限することができます。

太い血管の血流を制限すると、寝ている状態から立ち上がった時と同じような血流の状態になります。

立ち上がると重力の働きで下半身に血液がたまり、心臓より上は一時的に血流が減少した状態になります。

すると、脳は危機を感じて血流を増やすよう心臓に指令を発します。

血流量が増えると血行がよくなり、体の隅々にまで血液が行き渡ります。

その結果、細胞に運ばれる酸素の量が増え、新陳代謝が活発になり、筋肉増強につながるのです。

一時的に血流を減少させ、脳に血流増加の指令を出させる

加圧で血流を適切に制限

⬇︎

一時的に血流が減少した状態になる

⬇︎

脳が心臓に血流を増やすように指令

⬇︎

血流量が増えて血行がよくなる


適切に血流を制限する

加圧トレーニングのポイントは、「適切に血流を制限する」ということ。

腕や脚のつけ根を専用の加圧ベルトで締め、腕や脚に血液を溜め込んでトレーニングした後に、ベルトを外して一気に血液を流します。

そうすると、血液は加圧前よりぐっと流れやすくなります。

この加圧と除圧を繰り返して血流をコントロールすることで、さまざまな効果が得られます。

加圧トレーニングは、開発者の佐藤氏が行っていたボディビルの体型をつくる過程で生まれたということです。

人工的に血流を制限した状態でトレーニングすることによって、筋肉を太くできるないかという推測から、自分自身を実験台に思考錯誤を繰り返し、加圧トレーニングのノウハウを作り上げていったのです。

加圧・除圧の繰り返しで血流をコントロール

腕のつけ根や脚のつけ根を専用の加圧ベルトで適切に締める

⬇︎

腕や脚に血液をため込んだ状態でトレーニングを行う

⬇︎

加圧ベルトをはずして、一気に血液を流す

⬇︎

血流を制限していたため、加圧前に比べて血液は勢いよく流れる

⬇︎

さまざまな効果

《血行促進、成長ホルモンの大量分泌など》