成長ホルモンを急上昇させる

加圧トレーニングによって成長ホルモンが急上昇

成長ホルモンの役割は、体の各器官の成長と新陳代謝を促進させることです。

細胞分裂などによって筋肉増強や若返り、怪我からの自己治癒などに

大きな効果を発揮します。

運動やトレーニングなどの筋肉疲労で出た乳酸は

成長ホルモンの分泌を促すと言われています。

乳酸ができると筋肉の中にある受容体が刺激され、

脳の下垂体前葉から成長ホルモンが分泌されます。

加圧している時は血流が制限されているため、筋肉内にできた乳酸も疲労箇所から出て行きにくくなり、より蓄積されます。

加圧によって乳酸の量はどんどん増え、受容体が強く刺激されて、大量の成長ホルモンが分泌されるのです。

これを科学的に実証したのが、東京大学大学院総合文化研究科の石井直方教授。

石井教授らの研究では、

大腿部のつけ根を加圧した状態で膝の運動を行いました。

その結果、安静時の290倍の成長ホルモンが分泌されたという研究データが出ています。