腹筋や背筋どこでも筋力アップ

腕や脚への加圧によって腹筋や背筋、ヒップなども効率的にアップ

加圧トレーニング創始者の佐藤氏は様々な試行錯誤を経て、

腕のつけ根と脚のつけ根の2カ所に加圧のポイントを見つけました。

なぜこの部分が最適かというと、もっとも太い動脈と静脈の両方を締められ、

効率的に血流制限ができるからです。

そしてこの腕と脚のつけ根に圧をかけることで、腕と脚だけでなく、加圧することのできない腹筋や背筋のトレーニング効果も上がるのです。

これは、血流を制限することで大量に分泌される成長ホルモンや、筋繊維を肥大させる因子が体全体をめぐり、効果を及ぼすためと考えられます。

また、腹筋や背筋に直接加圧しなくても筋力が増加するのは、筋力アップの効果が転移するためと考えられます。

腕の加圧で上腕の肘屈筋を鍛えたところ、トレーニングしていない肘屈筋の筋力がアップしたという報告もあるそうです。

鍛えていない部位が、知らないうちに筋力アップしているのです。

つまり、通常のトレーニングよりずっと楽に、筋力アップが可能なのです。