YOGAとは

YOGAとは
ヨガのルーツは紀元前2500年ごろのインダス文明にあるとされています。
その頃のヨガは瞑想によって心をコントロールし、心身をバランスの取れた理想的な状態に導こうとするものでした。しかし、心と一口に言っても上手くイメージもわかず、それを自分でコントロールするという事はとても難しいことでした。そこで考え出されたのが、姿勢や呼吸のように自分の意志でコントロールできる、身体を調えることで、「心」を調性するという方法でした。

身体をコントロールすることで、間接的に心をコントロールしようというものが、ヨガの基本的な考え方といわれています。

 

心と身体
心と身体は別物でしょうか、気分が高揚すると自然と笑顔になる、これは心の動きを感知した脳が表情筋を動かしています。病は気からという言葉にもあるように、人は心が感じたストレスを脳が感知し、身体に悪い物質をため込んでしまったり、機能を衰えさせてしまったりします。実は心と身体は密接に結びついているのです。心が受けたストレスは呼吸にも影響を与えます。ストレスを感じたり、不安感を覚えると自然に呼吸が浅く、短くなります。

ところが意識的に深くゆったりと呼吸をすると自律神経が整い、気持ちも落ち着いてくるのです。
心が変化すると必ず身体も変化します。
反対に、身体を少し調整していくと、心も変化するのです。ヨガは呼吸や姿勢をコントロールすることで自律神経の働きを正常に戻します。

YOGAはバラバラになりがちな心と身体を結び付け、そのバランスを整える為の集大成とも言われています。

ヨガの運動効果

近年はアメリカを発端に都市型スタジオで行われるエクササイズとしてのヨガが大流行しています。多くのセレブリティがYOGAの虜になり、ヨガがもたらす運動効果やストレッチ効果によって心も身体も美しく保たれているのです。ゆっくりと取るヨガのポーズは身体の各部が伸び、かたくなった筋肉をほぐす働きがあります。さらにポーズをキープするためには、身体を静止させるのに必要な体幹の筋肉に力を入れて緊張させておく必要があります。

ヨガのポーズの中には身体を圧迫刺激して全身を内側からマッサージするのと同じ効果や、逆さになって血行を促進させたり、身体を内側から浄化する働きも持っているんです。

参考:綿本彰 シンプルヨーガ