HIIT タバタプロトコルの効果は?

HIITとは?

EXILEが取り入れているとかいないとかでテレビでも話題になったHIIT「タバタプロトコル」

 

High Intensity Interval Trainingの略、

タバタ式トレーニングとも呼ばれる通り、立命館大学スポーツ健康科学部の田畑泉氏が1996年に証明したトレーニングメソッドです。

 

無酸素運動と有酸素運動のミックスで、かなりの高強度トレーニングとなります。

 

タバタプロトコルは

 

高強度の運動20秒と休息10秒を1セットとし、それを合計8セット行なっていきます。

 

インターバルトレーニングの一種であり、

30️8 240秒=4分の短い時間で、

疲労困憊の高いトレーニング効果が得られるものとしてストイックなトレーニーの間で人気のメソッドとなっています。

 

元々はアスリートの心配機能や筋力向上を図るトレーニングだったのですが、近年にフィットネス向けにアレンジされ人気のトレーニングの一種となってきました。

 

トレッドミルやバイクでも応用でき、20秒間ダッシュをして10秒間休憩、を8セット繰り返しというルールを守れば、腕立て伏せからジャンプなどを行うバーピーというものも出来たりします。

 

スクワット、デッドリフト、クリーン、腕立て伏せなどの多関節運動のサーキットも似たような効果を発揮します。

 

短時間で追い込む事が出来るので、面倒臭がりな方などにはキツいですが、向いてるかもしれません。

 

有酸素運動とは比べ物にならないくらいのエネルギーを消費するので、糖質消費から体脂肪を減らすのにはもってこいの運動なのです。

 

時間は短時間で終了が決まっているので、時間のない忙しい方でも取り組みやすく、メンタル

的にも継続しやすいのではないでしょうか。

 

部活でやらされたダッシュやジャンプなどとも似てるかもしれませんね。

 

有酸素系と無酸素系の両方を同時に鍛えることができ、身体のパフォーマンスも上がり、トレーニング中にバテてしまう事も無くなります。

 

当ジムでも、筋トレタバタ式有酸素運動と組む事で、運動後過剰酸素消費を促進し、さらに体脂肪を減らすようなメニューとして、取り入れたりもします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。