未分類

添加物

マーガリンとファットスプレッドの違い

マーガリンを買って原材料を見るとファットスプレッドと書いてあった。この違いは何ですか?

これはJAS規格による含まれる油の量によって表記の違いがあります。

80%以上油を含んだものをマーガリンといい、それ以下のものをファットスプレッドと言います。

ファットスプレッドは、業務用のパン、菓子パン、ハーフカロリーといわれる食品にも使用されています。

 

マーガリンもファットスプレッドもバターとは異なり、乳化剤や着色料、香料と添加物が必ず含まれています。

80%の油を含むマーガリンの場合は、残りの20%が添加物や水からできているのです。

 

油と水と添加物が使われていることはすべて共通で、その配合量によって呼び方が違います。

ファットスプレッドの場合は、マーガリンの半分の油で作られるハーフカロリーのものもありますが、

油の代わりに添加物がより多く含まれているのです。

-未分類

© 2021 ALTERR BMR