未分類

筋トレはうつ病に効果あるか?

筋トレと欝に関する研究

筋力トレーニングとうつ病に関する多くの研究が行われる中で、ある重要でかつ新しい研究報告によると、ウェイトを上げると、同時に心の変化、すなわち気分も上がるかもしれないということが言われいる。最初にどれほど憂鬱な気分なのかにかかわらず、実際にジムに行って持ち上げる頻度にも関係なく、その頻度がほとんどめったにない場合でも、レジスタンストレーニングなどの運動は多くの人々の不安や暗い気持ちを大幅に減らすことがわかっています。

運動は、一般的に、うつ病を抑え、治療するのに役立つという証拠が多くの研究によってすでに発表されています。たとえば、2016年、100万人以上を対象とした大規模な報告書では、身体的にフィットネスなどの運動をすることで、例えば被験者の誰かが臨床的なうつ病を発症するリスクを大幅に低減すると結論付けました。またその他の研究と研究報告では、運動の機会を与えられた人々のうつ病の症状を減らすことができることを発見しました。

しかし、これらの過去の研究と報告書のほとんどは、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動に焦点を当てています。

精神的健康のための筋力トレーニングの潜在的な利点については、もしあったとしても、研究データがあまりなく、ほとんど知られていません。過去の研究のなかで、2017年に発表されたある分析では、筋力トレーニングが人々の不安や緊張を和らげるのに役立つことがわかりました。

しかし、不安はうつ病ではありません。

 

5月にJAMA精神医学で発表された新しい研究では、不安とレジスタンストレーニングを以前調査した同じ研究者が、うつ病に注目しました。

彼らは、重量を持ち上げることがうつ病の発症と重症度に有意な影響を与えるかどうかについて、様々な事例に応用可能な研究がそれを示してくれるかどうかを確認したかったのです。彼らはまた、運動量と運動者の年齢、健康、性別が重要かどうかを判断しようとしました。

うつ病と筋力トレーニング(レジスタンストレーニング)の研究

研究者は、レジスタンス運動とうつ病に関連する過去の優れた研究をすべて集めることから始めました。彼らは、コントロールグループでの被験者をランダム化し集計された実験にのみ興味がありました。つまり、運動を開始するように割り当てられた人もいれば、そうでない人もいます。これらの実験は、運動やその他の介入の効果をテストするための広く認められた手法です。

実験には、トレーニングの前後にうつ病の検査も含める必要がありました。

研究者たちは過去の研究の中から最終的に、彼らの基準を満たすウェイトトレーニングとうつ病の33の実験を発見しました。この研究には、約2,000人のさまざまな年齢の男性と女性が参加しました。

研究者は、これらすべての研究の結果を集約し、データを掘り始めました。

 

彼らが見つけたのは、研究の開始時に誰かが正式にうつ病であったかどうかにかかわらず、レジスタンストレーニングがうつ病の症状を一貫して減少させたことでした。言い換えると、①人々がうつ病で研究を始めた場合、彼ら(うつ病患者)は概ね、ウェイトトレーニングを始めた後に気分が良くなりました。そして、②彼らが通常の精神状態から始めた場合、訓練をしなかった人たちよりも不機嫌で憂鬱な気分となる可能性は低くなるということを確認し、実験を終了しました。

おそらく最も興味深いのは、ウエイトトレーニングの頻度や量は重要ではないようでした。利点は、人々が週に2回または週5回ジムに行った場合でも、各エクササイズの繰り返しを数回または数回しか完了しなかった場合でも、基本的に同じでした。

メンタルヘルスへの影響も、男性と女性、若いリフター(大学生の場合が多い)、および中年または高齢者の場合と同様でした。

そして、人々は大量に詰め込む必要も、うつ病を軽減する必要もありませんでした。実験後の筋力の増加は、うつ病の減少と相関していなかった、と研究者らは発見した。

重要なのは、筋力トレーニングを完了することでした。

また、有酸素運動を試みた別のグループが含まれていた研究はごくわずかであり、そのようなトレーニングの効果をウェイトトレーニングの効果と比較することは困難でした。

しかし、関与した人の数は少なかったのですが、組み合わされた結果は、筋力トレーニングと有酸素運動がうつ病に同様の影響を与えることを示唆している、と新しい研究報告の著者は結論付けています。

どちらのタイプの運動も症状を軽減し、ほぼ同じ程度に抑えました

ただし、この種の報告書では、筋力トレーニングがメンタルヘルスにどのように影響しているのかの詳細はまだわかりません。

運動と心の変化

運動はおそらく生理学的および心理的結果をもたらすと、アイルランドのリムリック大学の大学院生であり、新しい研究報告を主導したブレット・ゴードンは言う。ウェイトトレーニングは、気分に影響を与えるさまざまな神経化学物質のレベルなど、脳の側面を変化させる可能性があると彼は言います。

「期待も働くかもしれません」と彼は言います。人々は、ワークアウト(筋力トレーニング)を行うことで心や身体が元気になることを期待しています。人々が体重を持ち上げているかどうかを意識せずに盲目にすることは不可能である、と彼は指摘している。だから、心理的利益の一部は生物学的プラセボ効果の結果であるかもしれない。

このレビューの結果は、筋力トレーニングが他の種類の運動よりもうつ病と戦うために優れていることを示していません、とゴードン氏は言います。結果は、運動が薬物療法を含む従来の療法に取って代わることができる、または置き換えるべきであるということも示唆していません。

しかし、全体としてデータは、ジムを訪問し、週に数回ウェイトを持ち上げることが精神的健康を促進する効果的な方法である可能性を示唆していると彼は言います。

-未分類

© 2021 ALTERR BMR