悩む人

未分類

座ることは意識低価に繋がる!簡単な運動量の増やし方

驚くべき新しい研究によると、長時間静かに座っていると心が痛むことがあります。人は座っている時間が多いほど、心筋の損傷の兆候を示す可能性が高くなります。

私たちは皆、たとえ週1回などの玉にの時間に運動をしたとしても、1日に何時間も座り続けるのは不健康だと聞かされています。毎日約9時間または10時間以上座っている人—オフィスで働くような、私たちの多くが含まれるグループの人々—は、糖尿病、心臓病、その他の問題を発症する傾向があり、これらのリスクのほとんどは、運動によって緩和できます。

過剰な座り込みは、心不全と関連しています。これは心臓が次第に弱くなり、体の残りの部分を酸素で満たされた状態に保つのに十分な血液を送り出すことができなくなる状態です。しかし、座っている状態というのは、一見すると安定していて心臓からの要求が非常に少ないように見えるが、このことが、心臓が運動に適切に反応できない状態であるという心不全にどのように関連しているのかは不明である。

上記のようなことから最近、世界中の心臓専門医のグループがトロポニンについて疑問を持ち始めました。

トロポニンとは、心筋細胞が傷ついたり死にかけているときに生成されるタンパク質のことです。心臓発作は、突如発生しトロポニンを血流に大量に放出します。

しかし、心臓発作に関与するトロポニンレベルよりもわずかに高いトロポニンレベルでさえ、持続する場合は危惧するべきです、ほとんどの心臓専門医は信じています。慢性的に高いトロポニンレベルは、心筋の内部で何かがおかしくなっており、そこに何らかの損傷が生じて発生していることを示しています。この損傷が停止または減速しない場合、最終的にヒトは心不全を引き起こす可能性があります。

しかし、今まで長時間座ることが高いトロポニンレベルと関連しているかどうかを調べた研究はありませんでした。

そのため、Circulationに掲載された新しい研究では、研究者たちはテキサス大学サウスウエスト医療センターが監督する、多様な人種民族の男性と女性のグループで行われている大規模で継続的な心臓の健康検査である、ダラス心臓研究の既存のデータに注目しました。調査の参加者は、血液サンプルと健康情報、および着用活動トラッカーを1週間与えられて、心臓検査を完了していました。

 

研究者たちは、これらの参加者のうち1,700人以上に関する情報を引き出しました。ただし、心臓病や、胸痛や息切れなどの心不全の症状がある人は除きます。

彼らは、男性と女性の血液サンプルのトロポニンをチェックし、アクティビティトラッカーからの読み取り値をチェックして、ほとんどの日をどれだけ動かしたかを調べました。

その後、彼らは比較を行いました。

研究参加者の多くはシッターであることが判明し、ほとんどの日で10時間以上座りがちの生活を送っていました。当然のことながら、これらの男性と女性はめったに運動しませんでした。

 

しかし、この参加者の中の男性と女性のうちの何人かは、概ね歩くことをして、体調のいい状態を維持できました。彼らはあまり運動していませんでしたが、運動量が多いほど、反比例して座っている時間は少なくなりました。

そして、この身体活動は、制限されてはいましたが、トロポニンの比較的正常なレベルに関連していました。男女の中で最も動いた人は、血液中のトロポニンの量が少ない傾向がありましたが、統計的にはわずかな利益でした。

一方、10時間以上座っていた人は、血中のトロポニンレベルが平均以上になる傾向がありました。これらのレベルは、心臓発作を示すレベルを大きく下回ってはいましたが、研究の著者によると、それらは「無症状の心臓損傷」を構成するのには十分といえるほど高かったといえるのです。

この関係は、研究者が年齢、性別、肥満度指数、心機能などのトロポニンレベルに影響を与える可能性のある他の要因を制御した後でも、引き続き強力でした。

全体的に、座っている状態は不健康なトロポニンレベルとより強く関連していた。

もちろん、これは観察研究であり、座ることが高トロポニンに関連していることのみを示していて、座るという事が直接トロポニンの上昇を引き起こすことはありません。

また、身体の静止が心臓細胞をどのように傷つけるかというのもまだ説明できません。

しかし、影響はおそらく間接的なものであると、新しい研究を監督したUTサウスウェスタン医療センターの心臓専門医であり教授であるジェームズ・デ・レモス博士は述べています。

 

「座りがちな行動は、肥満、インスリン抵抗性、心臓の脂肪沈着に関連しており、これらはすべて心臓細胞の損傷につながる可能性があります」と彼は言っています。

「コインの反対側は、座っている間は何もしていないという状態のことです」と彼は付け加えます。あなたは動いていない。この研究では、トロポニンレベルの改善という点で運動による利益はほとんど見られませんでしたが、その結果は、おそらく人々が運動をほとんどしていないことに関連しています。

「私たちのグループからのその他の研究を含む心血管系の文献のほとんどは、運動となかなか座らないことの両方が重要であることを示唆しています」と彼は言います。

彼と彼の同僚は、座りが少ないか、運動が多いか、または両方がトロポニンレベルとその後の心不全のリスクに影響するかを調べるために、いくつかの追跡調査を行っています、と彼は言います。

今のところ、特に新年の抱負を計画する際、「ついつい座りがちな行動を減らす。ということは健康的なライフスタイルの重要な部分であると考えるべきです」とデ・レモス博士は言います。

「すぐに座らずに、運動量を増やすことに重点を置いています」と彼は言います。"階段を使ってください。駐車場の外に駐車します。ウォーキングまたはスタンディングミーティングを開催していきます。」

-未分類

© 2021 ALTERR BMR