パントテン酸

パントテン酸とは

 パントテン酸は、水にとける水溶性ビタミンのひとつです。もともと酵母の成長を促進する物質として発見されました。その後、この物質の欠乏によりラットの成長が阻害されたり、ニワトリで皮膚炎が起こったりすることが明らかになり、ビタミンとして認識されるようになりました。パントテン酸の名前は、広くどこにもあるという意味であるといわれ、その言葉の通り動植物食品に広く含まれています。

パントテン酸の働きは?

 パントテン酸は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助する役割、脂質や糖質の代謝で重要な役割を果たすほか、からだの中で起こるきわめて多くの酵素反応に関与しています。また、善玉コレステロールを増やしたり、ホルモンや抗体の産生などにも関与しています。これらのことから、皮ふや粘膜の健康維持を助ける働きもしています。

パントテン酸を含む食品は?

 パントテン酸は、広く食品に含まれますが、主に、穀類、肉類、魚介類、卵類、乳類から摂取されるほか、野菜、果物、いも類など幅広い食品から摂取されています。特に多いのはレバー、納豆、さけやいわしなどの魚介類、肉類、卵などです。

必要摂取量は?

 不足すると、成長障害、手足の知覚異常、頭痛や疲れなどがおこることが知られていますが、広く食品に含まれることから、通常の食生活で欠乏症はめったにありません。
一方、とり過ぎた場合の有害な影響はほとんど報告されていませんが、摂り過ぎには注意しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。