未分類

免疫力

トレーニングや運動は私たちの体の感染症を撃退する能力を助けるのか?あるいは妨げるのか?

新型コロナウイルスの問題は日を追うごとに緊急性が高まっております。研究者たちは早急に解決策を発見するべく、日夜最優先でこれらの研究にいそしんでいます。最新の研究によると、運動をすることで免疫システムが向上し、1つのトレーニングで細菌を撃退する力を増幅、および改善できることが示唆されています。

しかし、それとは反対に、いくつかの研究では、運動の種類と量が、運動が免疫反応にどのように影響を与える可能性があるのかということも示しています。それは運動が激しく多いほど良いとは限らないという事を表しています。

そして、運動をする場所というのも重要になる可能性があります。例えば多くの人が集まるフィットネスクラブなどで運動をすることは感染を防ぐことには繋がらないというような具合ですね。

 

以下は、運動が私たちの免疫系とどのようにそしてなぜ相互作用するか、そして新しいウイルス症例の発生率が増加し続けているとしても、私たちがトレーニングや運動活動を続けるべきかどうかについて、今日の最新の科学が示す概要です。

 

運動をしている私たちの多くは、善意のある友人、配偶者、または両親から、激しい運動が私たちの免疫システムを弱め、病原体や病気が私たちのカラダに入り込んでくるスキを与えてしまうよと忠告を受けることもあるようです。バース大学の健康科学の教授であるジョンキャンベル氏は、この概念が1980年代後半に「マラソンの実行により、レース後の日とその週にランナーの感染症の発生率が増加した」と示し、その結果、この説の信憑性が高まりました。

しかし、それらの研究はその後、嗅覚についてランナーからの自己診断に過度に依存していることが判明しました。レース後のマラソンの実験室試験を使用した実験では、実際に呼吸器感染症であることが証明されたものはほとんどありません。代わりに、ほとんどが気道の炎症または他の非感染性の状態を発症していました。

その後、追跡調査により、マラソンランナーや他の競争力のある持久力系のアスリートは、実際には年間数日間だけの病欠にとどまる傾向があり、免疫系が運動によって過度に負担をかけられていないが、強化されていることが示された。

それ以来、人と動物の両方で行われた豊富な研究がその考えを強化しました。たとえば、マウスを使った2005年の一連の実験では、げっ歯類が1日に約30分間数週間穏やかにジョギングした場合、訓練を受けていない動物よりも毒性の強いげっ歯類インフルエンザに対抗し、生き残る可能性がはるかに高いことが示されました。

しかし、同時に、1回の激しい運動が免疫反応を一時的に低下させ、運動後に日和見感染のリスクが高まる可能性があることを示唆する研究もありました。この可能性は「オープンウィンドウ」理論として知られており、激しい運動の直後に免疫細胞が血流に溢れ、その後突然消失し、おそらく運動ストレスの結果として死亡したことを示す動物や、人々の実験からきたと考えられます。この免疫細胞の消滅により、病原体侵入者を認識して戦う細胞のレベルが低下し、細菌が侵入するための開いた窓を提供するようになりました。

しかし、もう一度、その後の洗練された実験は異なる説明を提供しました。でげっ歯類で顕著実験、科学者たちは、りん光色素で自分の免疫細胞の一部をマークし、それらが枯渇するまで実行持っていました。

その後、科学者たちは血流中の輝く細胞のレベルが予想通り急上昇し、その後急落したことに気づきました。しかし、彼らはまた、それらの細胞のほとんどが死んでいないことも発見したのです。代わりに彼らは、運動中に細菌の侵入に対して最も脆弱である可能性のある動物の肺、腸、および他の体の部分に着目していました。数時間の監視任務の結果、ほとんどの細胞は血流に戻り、そこで免疫細胞レベルを安定させ、免疫警戒が再び集中したが低下しなかったことを示しました。

同様に、昨年発行された研究では、激しい運動の直後に細菌を注射されたフィットネスに慣れた運動訓練済みマウスは、座りがちなマウスよりも感染をうまく撃退しました、大部分、追加の分子分析が示した病原体の周りに集まり、それらの同じ細胞は、不活性な動物の組織により拡散して散在したのです。

以上の事から「コロナウイルスについての懸念にもかかわらず、運動することは安全です」と彼は結論付けます。実際、運動はおそらく感染のリスクを軽減するだろうと彼は言うのです。

ただし、この結論にはいくつかの注意事項があります。もしあなたがまだ運動をしていないのであれば、今はアクティブで疲れる新しいトレーニングルーチンを始める理想的な瞬間ではないかもしれません。マウスとインフルエンザを用いた2005年の研究では、数週間激しく走った別の動物グループが、感染前に適度に走ったマウスよりもやや重度で長続きする症状を示し、わずかな違いがありました。

「運動強度および/または持続時間の大幅な増加は、特に運動を始めたばかりの人々において、免疫系に一時的な負の影響を与える可能性があると言っても過言ではありません」と、大学の運動学および地域保健学の教授、ジェフリー・ウッズ(アーバナシャンペーンのイリノイ州出身。運動と免疫を研究し、マウスの研究を主導しました。)は述べています。

そして、基本的な衛生管理と一般的な常識を決して無視しないでください。

まず第一に、運動の前後に頻繁に手を洗ってください。もし気分が悪い場合は、トレーニングを短くするかスキップしてください。トレーニーが鼻を嗅んだり、あるいは咳をしている場合はトレーニングを避けましょう。ジムにおいては器具を使用する前に、消毒薬を塗りましょう。昨年調査では、16の異なるフィットネス施設で、表面の約3分の1に残っている感染性細菌が特定されました。

基本的な衛生管理に気をつけて、

無理のない適度なトレーニングを行う事は免疫力を高めることに大いに貢献してくれるでしょう。

-未分類

© 2021 ALTERR BMR