未分類

五十肩

五十肩とは?

五十肩とは

肩関節の周辺部が動かそうとすると痛みが走り、関節の動きが悪くなる症状をいいます。動かす際に痛むものと、じっとしていても痛むものもあります。

動かそうとすると痛むもの

動かすときに痛みが走るので、気を使ってあまり動かさないままでいると、関節の可動域が狭まり、肩の動きが悪くなってしまします。
髪を結ったり、服を着替えることが不自由になることがあります。

夜に痛みが表れるもの

夜は寝返りや肢位によりズキズキ痛み不眠になることもあります。痛い肩を上にして若干屈曲位にすると疼痛は緩和します。

原因・病態
中年以降、早ければ40代、多くが50代にみられ、その症状は様々なものがあり、多くが肩の可動を行なった際に痛みを伴い、肩をまわしずらくなるというものがほとんどです。関節組織を構成する骨や靭帯、腱などが老化して癒着し、肩関節の組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)の癒着が酷くなるととさらに痛みが増し、動きが悪くなります(拘縮または凍結肩)。

考察
圧痛の起こっている部位や痛みの確認はもちろん。肩関節の動きの状態をみて判断します。関節包や滑液包(肩峰下滑液包をふくむ)がスムーズに動かないため肩関節の可動域につっかかりがみられます。急に肩に激痛が生じる石灰(沈着)性腱炎(X線参照)は別の疾患です。

X線写真 石灰(沈着)性腱炎

改善方法
五十肩はお医者さんに行くと、「放っておけば自然に治るよ」と言われることもありますが、そのまま言うとおりに放っておくとどんどん動かすことが辛くなり、不自由になるばかりでなく、最終的には癒着して動かなくなることもあるようです。初期のガチガチに動かない時期には、三角巾、アームスリングなどで安静をはかり、消炎鎮痛薬や湿布等を使用したり、注射などが有効と言われています。加圧トレーニングで可動域が上がったという報告例もあります。

初期から急性期をすぎたら、温熱療法(ホットパック、入浴など)や運動療法(拘縮予防や筋肉の強化)などのリハビリを行います。これらの方法で改善しない場合は、手術(関節鏡など)を勧めることもあるということです。

-未分類

© 2021 ALTERR BMR