偏平足

偏平足とは、足裏のアーチ(土踏まず)が低下・消失し足裏が扁平になった」状態のことです。

症状

初期には内くるぶしの下の方の痛みや腫れが見られます。進行すると外ぐるぶし周辺や足の裏に痛みがでてきます。

原因

先天的なものもあれば、思春期のスポーツ活動や怪我、加齢による腱の変性や体重増加等が原因のこともあります。成人では中年の女性に発生することが多いです。

治療

アーチサポート付のインソールの使用や、足裏の筋力の強化、アキレス腱のストレッチ、適正体重を保つなどの保存療法が中心です。

 

アルターボディメンテルームでは、靴を履かずにトレーニングを行なっています。靴を履いている時には気づかない足裏まで意識したトレーニングを提供できます。