身体の不調

脊柱側弯症

脊柱側弯症とは、脊椎が側方へ湾曲する疾患、椎骨の変性を伴わず、原因を取り除けば速やかに改善される機能性脊柱側弯と、脊椎の変性を伴って不可逆的な湾曲をきたす構築性脊柱側弯症があります。その他に特発性脊柱側弯症があります。特発性脊柱側弯症は原因不明の構築性脊柱側弯症で、日本では、思春期の女性に好発します。進行した脊柱側弯症を矯正できるのは手術治療のみです。早期に発見し、進行を予防する必要があります。

症状

症状の多くの場合、体幹が非対称性のみです。しかし、高度に進行すると腰痛、背部痛、神経症状、呼吸機能障害がでることもあります。

原因

先天性の背骨の奇形、神経や筋肉に原因があることや身体を支える組織の異常、外傷、腫瘍など、原因となるものが明らかな側弯症のほか、特に原因のないものが80%以上を占めます。

治療

まずは早期発見が大切です。スクリーニング検査という脊柱の検査があります。これは、早期発見・治療により手術療法が必要になる重症例を減らすことを目的として、学校検診で義務化されてます。学校の検診で、立位から前屈をした記憶がある方もいると思います。これがスクリーニング検査です。

軽度の場合は経過観察ですが、側弯が大きい場合、進行を抑制するために装具療法を用いるか、脊柱変形矯正固定の手術による治療となります。民間療法も盛んですが、有効性は証明されていません。長年民間療法に頼った結果、重症化してから医療機関を受診する例が問題になっています。治療は、精神的にも身体的にも苦痛が大きいため、早期発見が必要です。

 

アルタボディーメンテルームでは、一人一人に合わせたトレーニングやコンディショニングメニューを提供しています。医療の知識があるトレーナーもいるので、相談しながら安心してトレーニングを受けることができます。これに関しては医師に相談したりして運動を行なってよいかなどの確認をして頂くのをおすすめします。

-身体の不調
-, ,

© 2022 加圧トレーニングジム アルター越谷