脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、様々な要因により脊柱間や椎間孔(神経の出口)が狭小化し、脊髄、馬尾(腰椎と仙尾椎の間)、神経根を圧迫することで特有の神経症状を呈する症候群のことです。発生部位としては腰部が最も多く、次に頸部が多くみられます。

症状

中高年者に多く見られる症状で、症状は徐々に進行していきます。臀部から下肢にかけてのしびれ疼痛、脱力などがみられます。重症の場合は膀胱結腸障害(排尿や排泄に関わる神経や筋肉がうまく機能しなくなる障害)がみられます。体幹を後屈すると、症状が増し、他動的な後側屈による放散痛(原因と離れた部位の痛み)がみられます。

原因

加齢による退行性変性(特に変性脊椎すべり症、変性脊椎症によるもの)が多いです。他に、骨代謝疾患によるものや先天性のもの、医原性(他の医療行為が原因)のものなどがあります。

 

治療

腰部の脊柱管狭窄症は自然軽快が得られることも多いため、まず保存療法が行われます。馬尾症状がある場合は、自然軽快傾向が認められないことが多いです。馬尾症状単独でも重症といえるため保存療法の有効性は低く、手術療法を検討することが多いです。

 

アルタボディーメンテルームでは、一人一人に合わせたトレーニングやコンディショニングメニューを提供しています。医療の知識があるトレーナーもいるので、相談しながら安心してトレーニングを受けることができます。