未分類

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間にあるクッションの役割をする椎間板が背側が飛び出して神経を圧迫し、圧迫された神経の支配領域に痛み、しびれなどの症状が出る病気です。椎間板ヘルニアがあっても、腰痛のみでしびれなどの神経症状が無い人もいます。

若い頃は椎間板に弾力がありますが、年齢を重ねると弾力がなくなり圧力が加わると壊れやすくなります。また特に腰は脊柱の下の方に位置するため、頭・体幹・腕などの重さがかかるため、腰の椎間板に症状が出やすくなります。

症状

ヘルニアの場所によって、痛みやしびれの出る場所は違います。首の椎間板ヘルニアでは、主に手の痛み・しびれ、動かしにくさ、力が入りにくいという症状が出ます。首回りの筋や肩甲骨の付近が痛くなることもあります。ヘルニアが大きい場合には足のしびれ、歩きにくいさといった症状が出ることもあります。腰の椎間板ヘルニアでは、主にお尻や足の痛み・しびれ、動かしにくさ、力が入りにくいという症状が出ます。痛みやしびれは下半身のどこにでも出る可能性がありますが、特にお尻から太ももの裏側の痛みは坐骨神経痛と呼ばれ、腰のヘルニアの代表的な症状です。

 

この痛みやしびれは、重たいものを持った拍子や、ひねりを加えた際、負荷が蓄積急に症状が出ることもあれば、徐々に出ることもあります。首のヘルニアでも腰のヘルニアでも、神経が非常に強く押されている場合には排泄・排便のコントロールがしにくくなる症状が出ることもあります。これらの症状は脊柱管狭窄症という病気などでも出ることがあり、症状だけでは区別がつかないことも多いです。

 

 

 

 

原因

椎間板ヘルニアの発生にはさまざまな要因が考えられます。仕事や子育てなどで日常的に中腰の姿勢が多い方、重たい荷物を持ったり、腰を強く捻る動作が多い方、猫背の方や反り腰など姿勢の悪い方、長時間椅子に座るデスクワークの方、肥満などで腹筋と背筋のバランスが悪い方、ヒールの高い靴を履く時間が長い方、スポーツで繰り返し同じ動作を行なう方など、日常生活の中で背骨や特に腰に負担がかかることが原因となることが多いです。そのほかに遺伝的な原因がある場合もあります。

治療

治療には大きく分けて2つあります。1つ目は保存療法です。発症から1~2週間の急性期の痛みの時には、消炎鎮痛薬や湿布薬、コルセットの使用などで安静を保ちます。また、電気治療や徒手的に痛みを緩和する治療などを行います。痛みが軽減してきたら運動療法を行っていきます。腰の椎間板ヘルニアを発症した方は猫背などの姿勢不良が原因で椎間板を押しつぶす為、ただ安静に過ごすだけでは再発してしまう可能性があります。そのため姿勢や柔軟性の改善、良い姿勢を保つ為のリハビリを行います。2つ目は手術療法です。保存療法を2~3ヵ月経っても効果がない方、日常生活への支障が大きい方、急激に症状が悪化した方などに行われます。手術の目的としては、現在の症状の進行をくい止め症状を少しでも軽減させることです。

 

原因や治療から分かるように、日常の生活動作の改善や姿勢改善により予防することができます。自分では気づかないうちに姿勢や身体のバランスが悪くなっていることもあります。

 

アルターボディメンテルームでは、トレーニングの中で姿勢や動作改善ができるようにプログラムを組むことができます。トレーナーの目線からの姿勢確認を行うことや困りごとなどを確認しながらトレーニングを行うことで日常動作が楽になる効果が期待できます。一緒にトレーニングをして、生活の質を向上させていきましょう。

-未分類
-, , , , , , , , ,

© 2022 加圧トレーニングジム アルター越谷