栄養素

野菜

何を食べればいいですか? とよく聞かれますが、僕の答えはずばり「野菜」一択です。 まずは野菜に含まれている三大栄養素を見てみます。 たんぱく質 野菜の成分や働きについて、意外に知られていないのがたんぱく質の働きです。 た […]

続きを読む
歩く人
エネルギーと基礎代謝

エネルギーとは  エネルギーは、生きて体を動かす大切な活動の源であり、キロカロリー(kcal)の単位で表されます。このため、よく「カロリー」と呼ばれます。成人女性の多くは1日に約2,000kcalに相当する食べ物を食べ、 […]

続きを読む
水分

水分とは  何も食べなくても1ヶ月近く生きられますが、水を摂らないと数日しか生きられないといわれるほど、水は生きていくために欠かせないものです。ほとんどの食べ物には成分として水が含まれますが、この水のことを水分といいます […]

続きを読む
たんぱく質

たんぱく質とは  たんぱく質は、三大栄養素のひとつであり、生きていくうえで特に重要な栄養素です。体重の約1/5をしめ、血液や筋肉などの体をつくる主要な成分であるとともに、酵素などの生命の維持に欠かせない多くの成分になりま […]

続きを読む
糖質

三大栄養素の糖質・脂質・炭水化物  多くの市販の食品には、パッケージなどに、その製品の栄養成分が表示されています。表示の中の栄養成分に、「炭水化物」もしくは「糖質」「食物繊維」と記載がありますが、「炭水化物」は、「糖質」 […]

続きを読む
食塩

食塩相当量とナトリウムとは  "塩味"は、料理のおいしさを左右します。この「塩」すなわち食塩は、ナトリウムと塩素からできています。食塩相当量とは、次の計算式で、食品に含まれているナトリウム量を食塩の量に換算した値です。 […]

続きを読む
食物繊維

食物繊維とは  食物繊維とは、人の消化酵素では消化することのできない食べ物の中の成分です。小麦ふすまに含まれるセルロースに代表される水に溶けない不溶性食物繊維と、果物に含まれるペクチンに代表される水に溶ける水溶性食物繊維 […]

続きを読む
コレステロール

コレステロールとは  コレステロールは脂質の一種で、食品中に含まれ食事によって摂取するものと、私たちの体内でつくられるものとがあります。体の細胞膜や性ホルモンの材料になる大切な栄養成分ですが、とり過ぎなどによって体内に増 […]

続きを読む
マグネシウム

マグネシウムとは  マグネシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素です。大人の体には20~28gほど含まれ、カルシウムやリンとともに骨をつくっているミネラルです。ちなみに、豆腐をつくる時に使われる「にがり」は、塩化マグネシウム […]

続きを読む
ビタミンA

ビタミンA(レチノール活性当量)とは  ビタミンAは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつで、レチノール活性当量(μgRAE)として表されます。これは動物性食品に含まれるレチノールの量と、主に植物性食品から摂取されるβ(ベ […]

続きを読む