未分類

fitnessをするのに早すぎることはない

運動する人しない人

フィットネスと脳の健康との関連性に関する大規模で新しい研究によれば、身体的に、フィットネスを行なった若い成人は、体の形が崩れている若者よりも脳に健康的な白質(神経組織の一部)を持ち、思考力が優れています。

調査結果は、人々が若々しく、おそらく精神力のピークにあるときでも、有酸素運動を行なっているか否かが、彼らの脳と心の働きに影響を与える可能性があることを示唆しています。

 

私たちはすでに、有酸素運動が私たちの脳と認知を有益に形成できるという興味をそそる証拠をたくさん持っています。

動物実験において知性とメモリのテストで、歯車上を動くマウスでは、座りがちな動物よりも自分の脳ではるかに多くの新しいニューロンを産生することと、げっ歯類のパフォーマンスが向上。

同様に、人を対象とした研究では、運動能力が低い人やめったに運動しない人よりも、身体的に活発でありまた健康である人の方が、脳の容積が大きく、思考力が強いという運動と脳の思考能力の関係が示されています。

 

これらの過去の研究のほとんどは中年以上の成人に焦点を当てており、その被験者の脳は年齢とともに収縮し始めます。彼らにとって、フィットネスと運動は衰えを遅らせ、脳組織と機能を比較的若々しく保つのに役立つと考えられています。

しかし、フィットネスが同様に健康で若い人の脳の構造と機能に関連するかどうかについては、ほとんど知られていません。

 

そのため、先月Scientific Reportsで発表された新しい研究のために、ドイツのミュンスター大学の科学者は、若い大人の大規模なグループの頭蓋骨を調べることにしました。

 

若いうちから運動しろ

彼らは、ヒューマンコネクトームプロジェクトの一環として収集された膨大な量のデータに目を向けることから始めました。これは、人間の脳の多くをマッピングし、その仕組みを解明することを目的とする国際的で大規模な共同研究です。

このプロジェクトの一環として近年、アメリカの1,200人以上の若い男性と女性が、脳の白質の健康状態を調べる特殊なタイプのMRIで脳をスキャンすることに同意しました。白質は、ニューロンと脳領域の間の多くの接続で構成されています。本質的には、脳の通信配線です。(作動中のニューロンは脳の灰白質を構成します。)

20代のボランティアが集められ、健康と生活に関する複数のアンケート、一般的な健康診断、および2分間の歩行テスト(2分間のできるだけ迅速な歩行を含む有酸素フィットネスにおいてどれだけの距離を歩けるかという広く使用されている測定)を行い、どこまで到達するかを確認します。

彼らは、さまざまな方法で推論および記憶データ化できるように設計された一連の認知テストを行いました。

ドイツの研究者はこの情報をすべて収集し、それをクロスチェックし始め、若者のフィットネスと思考スキル、フィットネスと白質の健康、そして白質の健康と思考能力を比較しました。すると、さまざまな興味深い相関関係が見つかりました。

-未分類

© 2021 ALTERR BMR